2019年 立命館大学校友会は設立100周年を迎えます。

Alumni

NEWS TOPICS

富山県校友会「ルーツを求めて」

  • post 2018.01.25
  • お知らせ

校友会設立100周年に向けて各都道府県校友会でも独自の取り組みが進む中、富山県校友会からは、「立命館大学富山県校友会のルーツを求めて」と題した会合を、去る12月20日に開いたとの報告が届きました。

富山県校友会の田村哲朗会長(’72経営)によると、富山県から立命館大学への進学は戦前から見られたこと、遅くとも1959年には総会が開かれていたことなどが事前調査で明らかになっていたものの、設立時期の特定には至っていなかったとのこと。今回、「富山県支部の復興第一回総会」の開催報告が載った『立命』5号(1953年発行)の記事を入手したことで、1953年を富山県校友会の誕生と結論付けたようです。

当該記事には面識のある校友(故人)のお名前も記されていたとのことで、参加者は「先輩方が築いてくれた礎を尊重しつつ継承していきたい」と確認し合ったといいます。

校友会設立100周年は、各地で校友会を立ち上げた先人たちの想いに触れ、その想いを未来へとつなげていく絶好の機会です。富山県校友会のように、この機会を活用して、それぞれの校友会のルーツを探ってみてください。

一覧へ戻る

ARCHIVE

CATEGORY

↑